2019年6月23日日曜日

明石オカリナフェスティバル

23日(金)に行われた「第1回明石オカリナフェスティバル」に行ってきました。
場所は明石市西部市民会館。客席は約500席のホールです。

出演者は160ほどだったかと思います。
お客さんの入りは大変盛況で
オカリナ人気と、主催の小田さんたちの努力の成果だと感じました。
第2回も来年6月に予定されているそうです。

翠さんはジブリから3曲演奏されました。
「きれいな音色だった」と複数の方から声をかけてもらいました。
伴奏はストローク、スリーフィンガー、アルペジオと分けやすい選曲だったので
変化があって楽しかったです。 

演奏終了後の徳永さん。「歌の翼に」「花祭り」を演奏されました。
大変緊張されてましたが、ポテンシャルを感じられる演奏だったと思います。
息圧が強いので良い音で吹かれていました。
「緊張したけど良い経験でした」と仰っておられたので、
次回に今回の経験を生かせられると思います。

私はオカリナを吹かないのであまりわかりませんが
きれいな音を出すには息圧と瞬発力が必要なのではないかと思います。
「1メートル離れた蝋燭を一瞬で消す」ような感じでしょうか。
息の入れ方は、ギターで言うところの「爪のタッチ」に当たるところですので
大変奥が深い技術なのだと思います。
たくさんの方の演奏を聴かせてもらったので
今後の参考になりました。

2019年6月16日日曜日

ひろせ焼き菓子工房ミニコンサート

「ひろせ焼き菓子工房」ミニコンサートで演奏しました。
雨の中たくさんの方にお越しいただきました。

6月の担当はオクトギター部の今田さん。
ソロ3曲とデュオを2曲演奏されました。
今田さんはしっかりした音で弾かれるので
聴く方も安心して聴けたのではないかと思います。
お客さんとの距離が近くて集中しにくい環境ですが
こういった場所でちゃんと弾けたらどこでも弾けるのかもしれません。
来月はオカリナデュオ、8月はボサノバのヤザキさんです。
お近くの方は是非一度聴きにきてください。

来週、フラメンコの踊りのレッスンを見学しにいきます。
今年中に伴奏ができるように、しっかり研究してきたいと思います。
フラメンコギターは主に「シープレス」という木が使われています。
軽くて歯切れがいいのが特徴です。

2019年6月7日金曜日

「トライやるウィーク」が終わりました

昨日の木曜「トライやるウィーク」の一貫で高丘中にて
朝の9時からギター&オカリナレッスンをしてきました。
最後にオクトパッションのメンバーとミニコンサートを開いて
学校の先生方などに聴いていただきました。

生徒は3名。メロディーの弾き方、コードの押さえ方などを指導しました。
当初予定してたより早めに習得してくれたので
弾き語りの指導なども少しできました。
最後に「ふるさと」と「小さな恋のうた」を一緒に演奏しました。

こういった学校行事に参加できるのは
社会貢献している気持ちになり、とても満足感があります。
一緒に参加してくれたオクトパッションのメンバーに感謝です。

2019年6月4日火曜日

「トライやるウィーク」でギターレッスン

昨日から兵庫県の中学2年生が「トライやるウィーク」で職業体験をしています。
その関係で私は6日(木)にギターの1日指導をすることになりました。

14時から「まとめコンサート」という事で
オクトパッションのメンバーに手伝ってもらって
30分ほどのミニコンサートをする予定です。
見学自由なのでもし興味のある方は
14時頃に「高丘中学コミセン」まで来てください。

高丘中学コミセンはトーホーストア高丘店の向かいにあります。
すぐ近くにある「高丘コミセン」とは違いますのでご注意ください。
高丘中学校の敷地内にあります。
当日の様子は「ウィズあかし」の広報誌7月号に掲載予定です。

2019年5月26日日曜日

6月のコンサート案内

6月にあるコンサートやイベントの案内です。
 6月30日(日)に青空堂にてオカリナ×ギターcoogooの演奏があります。
開演は14時からで入場2000円(ドリンク付き)です。

 
この前の発表会時での動画です。
1時間半ほどの予定です。ギターソロもあります。

6日は「ソロギターの夕べ」です。15:30~です。
ドリンク代だけで参加できます。
14時からのオカリナの集いはトライやるウィークに参加するため
お休みになりますのでご注意ください。

15日(土)は「ひろせ焼き菓子工房」ミニコンサートです。
このミニコンサートは6月でちょうど1年です。
6月の担当は今田さんと長野です。デュオとソロの両方あります。
素朴な手作りケーキがお楽しみいただけます。

21日(金)は「第1回明石オカリナフェスティバル」があります。
場所は西部市民会館で11時~入場無料です。
私は伴奏でお手伝いにいきます。

22日(土)に先輩ギタリスト「藤井浩さん」のコンサートがあります。
灘の神戸酒心館にて14:30~開演です。
ギターの他、スペイン民族楽器「ドルサイナ」の演奏もされます。
うちの教室でチケットを取り扱っていますので
行きたい方はお声をかけて下さい。

23日(日)は「第6回星に届けるコンサート」があります。
兵庫県立美術館で13:30~開演です。
入場無料ですがプロの演奏も聴ける貴重なコンサートです。

2019年5月23日木曜日

新しい曲

発表会が終わったので次回に取り組み曲を探しています。
みなさんが弾く用の曲や自分用の曲などです。
少なくとも半年はお付き合いする曲なので慎重に選んでいます。

写真の楽譜はロドリーゴとブローウェルです。
ロドリーゴの方は「3つのスペイン風小品」という曲で
ギタリストの中では比較的有名です。
ブローウェルの「フーガNo.1」はコンクールでたまに見かけるくらいで
ギタリストの中でもマニアックな部類の曲だと思います。
どちらも以前私がコンクールで弾いた曲です。
自分で言うのもなんですが「よくこんな曲弾いてたなぁ」と感じます。
当時は学生という事もあり、一日8時間くらい練習してる日もありました。
今から思うと非効率な練習をしていたのでしょうが
それはそれで自分の礎になっていると今では思います。

今日は用事で姫路に行っていました。
帰りに寄ったカフェでギターのCDが売ってたので買いました。
アルゼンチンのギタリスト「ギジェルモ・リソットさん」のCDです。
渋すぎるチョイスにオーナーのセンスを感じます。
クラシックでもジャズでもない、
カテゴリ分けしにくいギターですがとても落ち着ける演奏です。

今月からテニススクールに通っています。
ギターで使う集中とは少し違いますが
音楽の集中と似ているところもあります。
ちょっと気を抜くとすぐにミスショットをしてしまうので
やはり集中とフォームが大事だと思いました。
学生時代は「数」を打って上達してましたが
今はそれほど数は打てないので、理論的に上達を目指したいと思います。

2019年5月17日金曜日

オクトパッションの活動

オクトギター部は明日の18日、清華苑さんにてボランティア演奏です。
ギター部になってから初ボランティアです。
定期的に地域の方々に貢献できるようになればと思っています。

同日の14時から「ひろせ焼き菓子工房」にてミニコンサートがあります。
5月はオカトモズが担当してくれます。
オカリナデュオとケーキが楽しめますので
興味がある方は聴きに行ってください。
しばらくは奇数月オカリナ、偶数月ギターという順で続きます。

6月に「トライやるウィーク」という中学生の課外活動がありまして
その一貫で、私は中学校に授業にいくことになりました。
朝から午後まで時間があるそうなので
1時間くらいオクトのメンバーに手伝ってもらおうかと思っています。

2019年5月14日火曜日

発表会の動画

ビデオの編集が終わりました。
数名分youtubeに投稿していますのでご覧ください。






新しいHPに発表会のページを新設しました。
http://nagano.music.coocan.jp/happy.html

過去の分も少しずつ作っていきますのでお楽しみに。

2019年5月13日月曜日

第16回発表会終了しました

発表会は無事終了しました。
出演者のみなさまお疲れさまでした。
子午線ホールの響きにも慣れて、
演奏を楽しめるようになった方が多かったように思います。

ホールで一人でギターを弾くのは心細くもありますが
自分のギターの音がホールに響いて、
その音に聴き耳をたててくれている人がいるというのは
大変幸せな時間です。
ギターは「大迫力」という力強さはありませんが
繊細で心の奥に届く音色があります。
今回の反省点を生かして次につなげていただければと思います。

ギターは止まらずに弾くのが難しい楽器です。
緊張していればなおさらです。
止まらないための練習は色々ありますが
1つに「表現をしっかりつける」というのがあります。
言い換えると「しっかり歌う」とも言えます。
「楽譜の音を一音ずつ確実に出そう」と思うと
音をなぞる機械的な演奏になりやすいです。
そういった演奏は音を間違えた時、
止まってもう一度やらないと気持ち悪い感じになります。
少し参考にしていただければと思います。

今回はリハーサルの時間がたくさんあったので
ホールの色んなところで音を聴いてみました。
子午線ホールに関しては、中央の席が一番響きが良かったです。
後方にいくほど残響が多く気持ちいいのですが
中央くらいがちょうどいい加減で気持ちよく聴けました。
また参考にしてみてください。

動画の編集をほぼ終えました。
すでにyoutubeにアップしているのもありますので
次回の記事で少し紹介します。

2019年5月11日土曜日

プログラムできました

明日は晴れそうで良かったです。
順番を少し微調整しましたので、ご確認ください。
出演者のみなさま、明日の演奏を楽しみにしています。

13:00~開演

1部
1.協同学苑初級クラス
・太陽がいっぱい
・春が来た(ロンド風)
2.Yさん
・長良川艶歌
・おまえとふたり
3.Yさん(弾き語り)
・街のあかり
4.Oさん
・エチュード 7番(ソル)
・ラグリマ
5.協同学苑中級クラス
・影を慕えて
6.Yさん
・ショティッシュ・ショーロ(ビラ=ロボス)
7.Yさん
・カノン( パッヘルベル)
8.Yさん
・ トリーハ(トローバ)
・盗賊の歌(リョーベート編)
9.Uさん
・イン ソロウズ ウェイク(ヨーク)
・フェアー(ヨーク)
10.長野
・ダンサ・ブラジレイラ
・ゲッティンゲン
・宵待草
・タランテラ などを予定

1部終了(14時頃)

出演者 写真撮影

2部開始(14:30頃~)
1.Hさん
・コイワズライ(弾き語り)
2.ヤスさん
・ボサノバ弾き語り(2~3曲)
3.Yさん
・フーガBWV1000
4. Iくん
・プレリュードBWV1007(バッハ)
5.Kさん
・魔笛の主題による変奏曲(ソル)
6.Iさん
・大聖堂(バリオス)
7.Sさん
・プレリュードBWV998(バッハ)
8.Mさん
・ショーロ
・アラビア風奇想曲
9.Yさんと長野 2重奏
・スペイン舞曲第1番(ファリャ)
10.Nさん
・想いの届く日(ガルデル)
・アルハンブラの思い出(タレガ)
11.オクトギター部
・オブラディ・オブラダ
・マイ・フェイバリット・シングス
・浜辺の歌

2019年5月9日木曜日

発表会の準備と演奏前の心構え

今日はオクトギター部練習でした。
13:00~17:00の4時間しっかり練習しました。
日曜の発表会と翌週にボランティア演奏の2つの本番があるので、
和やかの中にも真剣さがあってよい練習になりました。

アンサンブルはリズムを合わせる事が大事です。
単に音符のタイミングで弾けばいいというものでもなく
曲調を考慮してリズムを感じることが大事です。
音程を間違えずに弾く事よりも、むしろリズムの感じ方が大事です。
上手くなればなるほどリズムの大切さがわかってきます。
オクトギター部のメンバーには口酸っぱく伝えていこうと思います。

ミニマイクスタンドを買いました。これを舞台に置いて録音します。
今回も許可が出た方の演奏をyoutubeに載せますので楽しみにしておいて下さい。

人前演奏は緊張しますが、失敗しても誰かに責められるわけでもありませんし
「次の課題が見つかった」くらいに思ってもらえたらいいかと思います。
学生がテストで間違えたところを再勉強するような感じです。
テストがなれけば苦手なところがわからないのです。

最近ネットニュースを見ててとても共感できる記事があったので紹介します。
篠崎靖男さんという指揮者の記事です。
https://www.excite.co.jp/news/article/Bizjournal_mixi201905_post-15271/
 「難しいリハーサルの前には荷物をまとめて帰りたくなる」
「うまくできなかったらどうしようという恐怖感」
という心理がわかりすぎるくらいわかります。
指揮者でもそうなので、みなさんが緊張するのは当たり前の事です。
終わった後の景色を楽しみに頑張って下さい。

2019年5月1日水曜日

発表会のプログラム

5月12日(日)は第16回発表会です。
元号が令和になって初回という事になります。
気持ちを新たに頑張りましょう。

演奏順番をお知らせします。
12:45~開場
13:00~開演

1部
1.協同学苑初級クラス
・太陽がいっぱい
・春が来た(ロンド風)
2.Yさん
・長良川艶歌
・おまえとふたり
3.Yさん(弾き語り)
・街のあかり
4.Oさん
・エチュード 7番(ソル)
・ラグリマ
5.協同学苑中級クラス
・影を慕えて
6.Yさん
・ショティッシュ・ショーロ(ビラ=ロボス)
7.Yさん
・カノン( パッヘルベル)
8.Yさん
・ トリーハ(トローバ)
・盗賊の歌(リョーベート編)
9.Uさん
・イン ソロウズ ウェイク(ヨーク)
・フェアー(ヨーク)
10.長野
・ダンサ・ブラジレイラ
・ゲッティンゲン
・宵待草
・タランテラ などを予定

1部終了(14時頃)
出演者 写真撮影

2部開始(14:30頃~)
1.Hさん
・コイワズライ(弾き語り)
2.ヤスさん
・ボサノバ弾き語り(2~3曲)
3.Yさん
・フーガBWV1000
4. Iくん
・プレリュードBWV1007(バッハ)

5.Kさん
・魔笛の主題による変奏曲(ソル)
6.Iさん
・大聖堂(バリオス)
7.Sさん
・プレリュードBWV998(バッハ)
8.Mさん
・ショーロ
・アラビア風奇想曲
9.Yさんと長野 2重奏
・スペイン舞曲第1番(ファリャ)
10.Nさん
・想いの届く日(ガルデル)
・アルハンブラの思い出(タレガ)
11.オクトギター部
・オブラディ・オブラダ
・マイ・フェイバリット・シングス
・浜辺の歌

以上で演目は終了です。
終演後、coogooのデモ演奏があります。
今回は時間に余裕があるので、私のソロはいつもより多く演奏します。
川田一高とサイモンアンブリッジの音の解説などを
交えて演奏したいと思っています。

出演者の方へ
楽屋とリハーサル室は9:00~16:30まで使用できます。
ホールリハーサルは11:30~12:40くらいです。
ホールの響き、椅子の位置、譜面台の高さなどを確認してください。
写真撮影をしますので、1部終了後に舞台に集まってください。

先日の録音の時にビデオを試してきました。
zoomQ8にコンデンサーマイクを接続して録音しました。
音源は無加工ですが、なかなかの再現度です。
本番は1度きりなので、録音の設定を間違えないように
みなさんの演奏をきれいに記録したいと思います。

2019年4月27日土曜日

GWの予定

今日から10連休ですね。
教室はほぼ通常通りレッスンやってます。
カルチャーセンターなどがお休みなので少しゆっくりしています。

CD製作のための録音を29日(月)にします。
一日ではたぶん終わらないので、
5月中にもう1日スタジオにこもって頑張りたいと思います。
6月の青空堂のコンサートまでに完成させる予定で頑張っています。

台湾製のオカリナが届きました。
フォーカリンクというメーカーです。
パステル調できれいなオカリナで、音程も安定しています。
気になる方はあきよさんまでお問合せください。

ラケットを買いました。
高校時代はテニス部に所属してまして
「いつか再会したい」という気持ちはありました。
令和になる事ですし「思い立ったが吉日」という事で
テニスショップにラケットを買いにいきました。
でもテニスを離れて長いのでどれを買ったらいいのか全くわかりません。
店長さんに尋ねたところ、「以前は何をお使いでした?」と聞かれたので
当時使っていたラケットを答えたところ
「今でもそのラケットの後継があるよ」と教えてもらったので
迷わずそれにしました。
連休中にさっそく練習してこようと思います。

テニスのガットはたくさん種類があります。
たぶん50種類くらい普通に売っている感じです。
日常的にテニスをしている人には違いがわかるのでしょうが
始めたての初心者にはわからないです。
たくさん並んでるガットを見ながら「ギターの弦と同じ」と感じました。
ギターの弦はプロアルテだけで30種類くらいありますし
全メーカーなら200~300くらいかもっとになるかもしれません。
初心者の方には「プロアルテのノーマルが良い」と簡単にお伝えしてますが
もう少し親切にその理由などをお伝えした方がいいかもしれないと、
少し反省しました。

テニスの練習は相手がいりますが、
ギターは一人で練習できるところがいいところです。
テニスで「試合で勝ちたい」という気持ちは今のところありませんが
練習するうちにそういった気持ちに変化していくのかもしれません。
ギターも「一人で楽しみたい」といって始められる方が多いですが
練習するうちに「誰かと演奏してみたい」「ちょっと人に聴いてもらいたい」
と変わっていく方が多いです。
段階に沿った目標というものがあった方がいいかと思います。
個人差もありますが、目標を持ったほうが成長は早いです。
ただ達成した時に目標を上方修正する必要があります。
「これで満足」と思えば練習する気も起こらないので
モチベーションの維持が一番大事ですね。

2019年4月22日月曜日

先週末の演奏

土曜日は個人宅でのサロンコンサートに呼んでいただきました。
40分ほど演奏してきました。
オカリナとギターがの響きがちょうどいいところで
演奏させていただけるのが幸せです。
仲介してくれたIさん、ありがとうございました。
ジャズピアニストの方ともお知り合いになれて
共通の知り合いの近況などを聞けて嬉しかったです。

日曜の午後はボランティア演奏のお手伝いをしてきました。
二胡の森川さんが「ボランティア演奏デビューをしたい」と仰るので
清華苑さんに演奏できるかお尋ねして、実現に至ったという流れです。
田満さんにもサポートに入ってもらって万全の体制で臨みました。

「蘇州夜曲」
二胡の音が似合います。定番の曲だけに難しさがあります。
コードは西洋的なコード進行ではなく
メロディーの音の感じで弾きました。
オリエンタルな雰囲気がとてもよかったです。

「川の流れのように」
二胡で弾くと妙にしっくりきて驚きました。
「あ~あ~~」のところの再現度と感性が二胡にぴったりでした。
練習の時よりは少し緊張されてましたが、
歌心を維持されて演奏されていたのはすごい事だと思います。
森川さんは人前演奏は初めてだそうです。
衣装と演奏の雰囲気を見たらとても初めてとは思えませんが
これからの活躍が楽しみな方です。

夜はレギュラー演奏の吉翔さんでした。
最近はBGM用とコンサート用の選曲の切り替えができるようになりました。
生演奏は聴きたい方もおられますが、必要のない方もおられます。
コンサートは「聴きに来た」お客さんなわけですので
聴いてくれる前提の選曲をします。
ステーキ屋さんなどはおしゃべりがしたい方もおられます。
静かで耳障りのよい音楽が望ましいです。
そのあたりは空気をよんで演奏にのぞんでいきたいです。

2019年4月16日火曜日

第16回発表会の案内など

5月12日(日)の発表会まで一か月を切りました。
今回は13時開演です。
出演者の方は11時すぎから舞台でリハーサルができます。
楽屋と練習室は9時から使えますので、
練習をされる方は早めにきてもらって構いません。
演奏は緊張しますが、舞台袖から見えるステージや
楽屋で待ってる雰囲気などが好きです。
出演者のみなさまは演奏だけでなく、舞台の雰囲気も楽しんでください。
本番までの過ごし方を意識してみて下さい。

加古川にお住いのMさんが製作されたギターです。
ちょっとだけ預かっているので試奏希望の方は弾いてみて下さい。

カナディアンメイプルの木目が美しいです。いつまでも見飽きない柄です。
カナディアンメイプルの音は特徴があります。
低音があまり出ない気がしますが、上品ですっきりしています。
なんとなくダウランドやパーセルが弾きたくなるギターです。

下の画像はアームレストのアップです。
この部品は右手にギターの角が当たらないようにする事と
表面板の響きを損なわないようにするのが目的です。
私はこのアームレストについては
どちらかと言えば否定的な意見だったのですが(弾く位置が変わる事と見た目の違和感のため)、
Mさんのは薄く作ってるので弾く位置の違和感がありません。
次にギターを買う時が来れば
アームレストの有無を検討してみようと考えが変わりました。


最後に生徒(Aさん)の演奏動画です。ご本人の許可を得て掲載しています。
Aさんはうちに習いに来られて1年半ほどになります。
Aさんの最初の目標だった「YouTubeの投稿」を無事に達成されました。
お仕事をされながらマイペースに楽しんでおられます。
これからも投稿を続けていかれるそうなので楽しみです。

2019年4月13日土曜日

オクトパッション練習

昨日の午前中はオクトパッションの練習。
オカリナとギターの初合わせでした。
参加はギター5名、オカリナ6名でした。

オカリナの方が人数多いのですが、ギターの音もちゃんと聴こえてました。
それぞれの音域と役割を考えたらバランスはとれそうです。
人数が増えた分、できる事が増えそうで楽しみです。
オカリナの音は横向き、ギターは縦向きが得意なので
それぞれの特徴を生かせたら、いいアンサンブルになりそうです。

次回ギター部の練習は21日(日)です。オカリナの練習は26日(金)です。
どちらも見学自由なのでお気軽にお問合せください。

2019年4月11日木曜日

ギターの木材

最近買った川田ギターをよく使っています。
甘い音で音量があり弾いてて気分がいいです。
サイモン・アンブリッジとは合う曲の傾向が全然違うので
曲によって持ち替えて練習しています。

このギターの表面板は「シダー」を使用しています。
「シダー= 杉」だと長らく思っていました。
しかし、よくよく調べてみるとギターによく使われている
「ウエスタンレッドシダー」はヒノキ科の針葉樹だそうです。
 という事はこの表面板は「杉」ではなく
「ヒノキ」と言った方がいいのかもしれません。
 この川田ギターを弾いてると、なんとなく鉛筆のにおいがするので
気になって鉛筆の木材を調べてみたところ
鉛筆の木材は「インセンスシダー(ヒノキ科)」という事がわかりました。

私の祖父は山口県で林業をしていました。
小さいころ山に連れて行ってくれて
椎茸を取ったり、木の育ち具合などを説明してくれたりしました。
優しかった祖父を思いだします。
ギターが好きなのはそのあたりからも来てるのかもしれません。

2019年4月5日金曜日

ソロギターの夕べ

4月のソロギターの夕べが終わりました。
「ミニコミあかし」を見られて聴きに来られた方や
中島さんのお知り合いなどが初参加されたり盛況な回になりました。
みなさん雰囲気のある演奏をされる方でした。
次回からも盛り上がっていきそうで嬉しい限りです。

13時からはオクトギター部の練習でした。
「オブラディオブラダ」「マイフェイバリットシングス」「浜辺の歌」
「何と素晴らしい響き」などを練習しています。
それに加えてボランティア用に「一緒に歌える曲」の伴奏を練習しています。
聞いてる方と一緒に歌うのは簡単なようで案外難しいです。
歌に入りやすい前奏、歌いやすい音程とテンポ、
サポートのメロディーなどが必要です。
メンバーにはそのあたりを経験していってほしいところです。

次回の練習は12日(金)9:00~12:00です。
オカリナとの合同練習です。
まだ一緒にできる曲がそれほどないのですが
今後増やしていけたらと思っています。
オカリナ、ギターどちらもメンバー募集中です。
興味のある方は長野までご連絡下さい。

2019年4月3日水曜日

新年度

近所の石ケ谷公園の桜です。
今は五分咲きくらいですが、今週末にはお花見できそうです。

明日は「ソロギターの夕べ」です。
担当が中島さん、南部さんにかわりました。
でも内容は変わりませんので、弾きたい方はギターをご持参でお越しください。
聞くだけでもOKです。 私も明日は4時すぎくらいに参加します。

先週末は名古屋に行ってきました。
「ヒロミチオカリナ」の製作者、黒田さんにお話しを伺ってきました。

音程、素材へのこだわりや製作のコツなどなんでも気さくに教えてくれました。
大変親切な方です。
黒田さんはギターも弾かれるそうで、
九州ギターコンクールで3位になった事があるそうです。
ギター談義もたくさんさせていただきました。
この日はオカリナを2本注文して帰りました。

明日の13時からはオクトギター部の練習です。
大久保南小コミセンで練習してますので、
興味のある方は見学にお越しください。
11月にジョイントコンサートを開催予定でして
4月半ばには本決定できるかと思います。
ちょっと先に目標があると練習に身が入ります。
また決まりましたらお知らせします。

今日の第1水曜の18時からはイオン明石でグループレッスンをしています。
夕方の時間帯のせいか、子供がたくさん来られてまして
この時間は子供限定の「こどもギター教室」にすることにしました。
今来られている大人の方は、時間を変更していただいて
同じ水曜日の15時~から開催する方向で調整中です。

春は見学や体験レッスンが多い時期です。
ギターに対する思いはみなさんそれぞれ違いますが
思いを汲み取ってレッスンしていきたいと思っています。

よく技術の基準に「私は~の曲が弾ける」というのがありますが
弾ける弾けないというのはすごく曖昧な基準です。
つまらずに最後まで弾けたら「弾けた」と言っていいわけではなく
「音楽的な解釈」「良い音」「大きい音」が必要です。
どれが欠けても、厳しい事を言うと「弾けた」とは言えないのです。
実際のレッスンではここまで硬い事を性格的に言えないので
やんわり言ってますが、本当の気持ちはこんな感じです。

2019年3月27日水曜日

4月の予定

もうすぐ4月です。
生徒さんから進級、卒業、受験の事を聞くと「年度末だな」と感じます。
生徒のお一人が卒業コンサート(?)という事で
全生徒の前で演奏したそうです。
ビデオを少しだけ見せてもらいましたが、
すごく盛り上がってて、とても感動的でした。
彼女にとって一生の思い出になったと思います。

さて4月の予定です。
うちの教室は年度で何か変わるという事はありませんが
学生の生徒さんのレッスン曜日が変わったり、変化が多い月ではあります。
大人の方でも「4月から始める」とレッスンの予約を何人かされています。
何かを始めたくなる時期なのかもしれません。
ギターが生活の一部になって、楽しんでいただけたら嬉しいです。

オクトパッションも4月からスタートです。
オクトパッションの練習曜日に関しては
「オクトパッション」のページをご覧ください。
http://nagano.music.coocan.jp/octo.html
北海道出張にいっていたメンバーが帰ってきました。
5月の発表会後にギターのメンバーが一人増える予定です。
これからどうなっていくか楽しみです。


4月20日(土)のひろせ焼き菓子工房のミニコンサートは中島さんにお願いしました。
レギュラーメンバーに加わってくれるそうで嬉しいです。

4月21日(日)は清華苑さんにボランティア演奏です。
二胡、篠笛、オカリナ、ギターなどの予定です。
5月にもボランティア演奏をする予定です。
4月21日の夜は吉翔にてBGM演奏(18:30~、19:30)

4月27日に大阪にて「ギター音楽大賞」というコンクールがあります。
うちの教室からは1組デュオで参加されます。
http://guitargrandprix.com/

4月5月とCD製作に向けた録音をします。
6月中に出来るように準備しています。
また完成したらお知らせします。

2019年3月21日木曜日

編曲中(オクト用)

オクト用の楽譜を編曲中です。
ディズニーのリトルマーメイドの曲です。
オカリナ2パートと、ギター3パートでアレンジしています。
編曲してると曲の構成などがわかり、とても勉強になります。
「ディズニーの曲はなぜ感動を誘うのか?」という事が
なんとなくわかりました。
4月に新生オクトの練習があるのでそれまでに仕上げる予定です。
5月の発表会には間に合わないので
秋の発表会や現在計画中のジョイントコンサートなどで
披露できればと思っています。

もう1曲はモーツァルトの「魔笛」より「何と素晴らしい響き」を
オカリナとギター用に編曲しました。
「何と素晴らしい響き」はソルの曲で有名な
「魔笛の主題による変奏曲」の元になった曲です。
ギタリストとして原曲にも親しんでおかなければ!
という思いで選んでみました。
オクトパッションの練習は4月12日(金)の9:00~です。
興味のある方は見学にお越しください。
オクトギター部の練習は3月28日と4月4日です。

今日はフラメンコギターのレッスンを受けに相生に行ってました。
だいぶフラメンコらしく弾けてきた気がします。
そろそろどこかのダンスグループに所属したいと思っています。

2019年3月17日日曜日

ひろせ焼き菓子工房(3月)

ひろせ焼き菓子のミニコンサート終わりました。
3月の担当は柳さん。
7曲+アンコール1曲で合計8曲演奏されました。
最近は最後まで止まらずに演奏されるようになりました。
柳さんは現役の社会人ですが、
仕事をされながらよく頑張っていると感心します。
音楽を楽しむ心と積極性をお持ちなところが柳さんのいいところです。
一緒に弾けて楽しかったです。

最近縁があってうちに来たギター「ブリードラブ」です。
アコースティックギターはあまり弾いてなかったのですが
このギターが来てからよく弾くようになりました。
バランスとマートルウッドの音色が素晴らしいです。

2019年3月14日木曜日

ギターを買いました

ギターを買いました。「川田一高」さんのSKW45というギターです。
表面はシダーで、ワッフルブレーシングという構造だそうです。
「ブレーシング」とは力木(ちからぎ)とも呼ばれる
表面板の裏に張ってある補強の骨組みのことです。

クラシックギターのブレーシングは写真のような
「ファンブレーシング」というのが一般的です。


今回買った川田さんのはワッフルブレーシングといいまして
その名の通り、ワッフルのように格子状になっているそうです。
少しタイプが違いますが、だいたいこのようなイメージかと思います。

ブレーシングで音は随分と変わるそうです。
このワッフルタイプは音が大きくパワーがあります。
バランスもいいのですが、なんとなく深みが犠牲になってる気もします。
総じて甘い音なので、映画音楽や演歌などに似合うかもしれません。

今フラメンコギターは「田村満」さんのギターを使っていますが
川田さんは田村さんの弟子だそうです。
そのあたりに縁を感じたのも購入の後押しになりました。