2016年8月29日月曜日

レーモンさんの公開レッスン終わりました

東灘の神戸ギター教室にてレーモンさんのレッスンを受けてきました。
始まる前まで結構緊張していたのですが
レーモンさんは気さくな方で、リラックスできる雰囲気を作ってくれましたので
終始和やかなレッスンになりました。

受講曲は「gottingen」と「明石の空の下」です。

gottingenはバルバラという女性が歌ったシャンソンです。
歌ものという事で「歌」を意識して弾いていたつもりですが
フランス人のレーモンさんにはまだまだ足りなかったようです。
ブレスをかなり大きくとると良いようで、
レーモンさんが歌ってるのを聴くと、確かに「シャンソン」なので不思議です。
言葉にするのは難しいですが、ブレス感とフランス語の雰囲気でしょうか。
歌詞の世界感も大事だと思います。
ギターで再現するのは難しいですが、
私なりの完成形が見えたのでまた一から練習してみます。

明石の空の下はレーモンさんのオリジナルの曲。
レイスの「もしも彼女が尋ねたら」をモチーフにしてるそうです。
自作の曲という事で、かなり濃密なレッスンになりました。
歌い方、フレーズ感、曲の雰囲気など作曲者視点のレッスンは
なかなか得難い経験でした。
レーモンさんは人をのせるのがお上手で
トレモロはいつもより上手く弾けた気がします。
私がレッスンをする上でも大変参考になりました。
曲の終わりに「4つのコードを足すと良いよ」と言われて
急な事で少し驚きましたが、なんとか頑張って覚えました。
念のため写真を撮ってもらいましたが。
レーモンさんの曲はカッチリ弾くというより、
むしろ「気分で変えてくれて良いよ」という寛容さがあるように感じました。

レーモンさんは今日の飛行機でフランスに帰られるそうです。
またいつかお会いしたいですね。
 帰りの電車にて。

2016年8月24日水曜日

オクトパス連絡

次回の練習は久しぶりにサン・ライフ明石です。
9/4(日)午前中ですのでよろしくお願いします。
その次は9/18(日)精華苑です。

気が早いですがクリスマスコンサートを企画しています。
一人1曲がノルマです。
デュオでも、誰か連れてきてもなんでも構いません。
詳しくはまた次回お話しします。
といってもまだ場所も決まってませんが。
同時に団員のオーディションも行います。
応募があるかはわかりませんが、
市民会館で行われる「ステージアート」で宣伝しておきます。

2016年8月17日水曜日

加古川ギタークラブ@ロハス・ミーツ

明石公園で行われる「ロハス・ミーツ」というフリーマーケットがあるのですが、
そこのステージで「加古川ギタークラブ」が出演するみたいです。
無料なので興味のある方は聴きに行ってみて下さい。

うちのオクトパッションや加古川、西神、神戸など
意外と近くにたくさんギターアンサンブルがあります。
また集まって何かできれば・・・などと考えています。



2016年8月10日水曜日

『パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト』

元町映画館で「パコ・デ・ルシア」のドキュメンタリー映画が上映されるそうです。
おそらく10月くらいだと思われます。
パコ・デ・ルシアは好きなので、とても楽しみです。

2016年8月3日水曜日

Taylor GA5

アコースティックギターを入手!テイラーの「GA5」です。
生徒さんのMさんから譲っていただきました。

テイラーらしいキラキラしたサウンドです。
ボディのシェイプ具合がちょうどファインガーピッキングに適してる気がします。
もちろん弾き語りにも十分使えそうです。
今まで弾き語りのレッスンはクラシックギターを使用してましたが
これからは鉄弦でレッスンできます。
フォークソングにはやはりフォークギターが似合います。
次の発表会でブルースバンドがある予定なので
ブルースにも使用します。お楽しみに。

2016年8月2日火曜日

「ポチ」に行ってきました

一昨日、明石駅近くのライブハウス「ポチ」に行ってきました。
初めて行きましたが、50~60名ほど入る広いスペース。
ジャズがメインのライブ会場です。

この日は友人の中山くんの演奏を聴いてきました。
私を音楽の世界に誘った仲間の一人。
幼稚園からの幼なじみでもあります。

最初ベテランの二人に少々遠慮しがちに弾いてましたが
後半は調子が出てきて、大ちゃん(大輔なので)らしい演奏が聴けました。
昔はハードロックやヘビメタなど弾いてましたが、今は少し落ち着いてます。
でも昔から変わってないところもたくさんあって
とても懐かしい気分になりました。
旧友が今でも音楽を続けているのは嬉しいですね。